出産費用…いい出産・いいお産 iiosan.jp


出産費用

出産費用

出産を迎えるにあたり、かなり高額な費用がかかるのはすでにご存じの方も多いと思います。2009年度から出産一時金が42万円となったことは嬉しい限りではありますが、ほとんどの方は出産一時金で出産までの費用を賄うことはできません。出産をされる病院やクリニックによっても異なりますが、出産にかかる費用は病院ごとで違います。妊娠や出産は病気ではないため、保険適応外となっているのも費用が高額になってしまう理由の一つです。

病院などによっては、一ヶ月に一度の検診で何円と決められている場合もありますが、妊娠後期になると2週間に一回、臨月では1週間に一度検診を受ける必要があるため、月によってはかなりの出費になることは間違いありません。また、検診の際に検査などが行われますが、これも実費となるため1万円以上かかってしまうことがほとんどです。出産までにかかる費用は、病院によってかなり差が生じるということを肝に銘じておきましょう。

少しでも出産費用を抑えたいという方は良く調べた上で産院を選んでいくようにしましょう。選べるほど産院がないという方もいると思いますが、予め病院を調べておくということに対して損をすることは一切ありません。また、休日や夜中などといった産院の診療時間外に出産をしたり、陣痛促進剤などの薬を点滴したり服用した場合も、産院が提示している出産費用にプラスして受けた診療代を支払わなくてはいけません。出産は何が起こるか分かりませんから、まずは安心して産める産院を選び、そこから予めかかる費用を計算してみましょう。

---



  • おすすめ

    • 医療保険をどう考えたらいいのでしょうか。生保会社または損保会社による商品で入院給付金や手術給付金が支給されます。病院に支払う経費についてこれら入院への費用をまかなうことができます。医療保険の比較についてしっかり考えてみましょう。
      医療保険はテレビコマーシャルによく出てきます。医療保険は入院や通院そして手術した時に保険金が保険会社から支給されるものです。病気やけがが費用がかかっても役に立つ保険です。ネット保険の比較についてみてみましょう。