出産後の赤ちゃんとの過ごし方…いい出産・いいお産 iiosan.jp


出産後の赤ちゃんとの過ごし方

出産後の赤ちゃんとの過ごし方

産院によってもかなり異なってきますが、出産後にすぐに母子同室になる場合もあれば、新生児室などで母体が安定してくるまで預かってくれる母子別室となることもあります。母体の調子がすぐれない状態での授乳や赤ちゃんのお世話は無理が生じるため、自分の体調によって母子同室にするかどうかを決められる産院でお産をするのがベストです。初日から母子同室の場合もあれば、3日目から母子同室になるなど、予め決められているものですから事前に確認をしておきましょう。

また、初産よりも経産婦の方が後腹といって、子宮収縮の時の痛みが増しています。ですから、経産婦の方は初日からの母子同室は負担が大きくなってしまう可能性もありますので、そういった事を踏まえながら産院を選んでいきましょう。後腹は個人差はあるものの、2日〜3日するとだいぶ軽くなってきます。ですから、後腹の様子を見ながら授乳を開始するなど臨機応変に対応していくようにすることが大切です。

本格的な授乳は、退院してからでないと始まらない事も少なくありません。入院期間中にたくさんおっぱいが出るという事はほとんどありませんので、思うようにおっぱいをあげられなくても落ち込む必要はないのです。おっぱいを吸われる機会が多くなればなるほど、自然に量も増えてきますので、心配する事はありません。産院によって授乳室などが設けられていることもあり、指導に当たってくれる看護師さんがついていることもあります。不安なことは、入院期間中に相談していくと良いでしょう。

---



  • おすすめ

    • ファイナンシャルプランナーを契約するかで保険はかわっていきます。ご存知でしょうか。あなたにとってどんな生命保険が正しいことなのでしょうか。そんな相談に答えてくれます。仕事や年齢によってそしてまた資産運用のため等何の目的で金融資産や生命保険を契約するかで保険はかわっていきます。生命保険が得意なFP(ファイナンシャルプランナー)との相談は有効です。生命保険の無料相談に応じる保険のプロやFPもいます。